かわいい和室カーテンは「和の材質」でできている部屋との相性がよい

投稿者: | 2022年2月18日

和の要素を持つ部屋に、かわいい和室カーテンは合わせやすい

和室でもカーテンはよく合うし、使われる頻度が上がっているようです。
一般的に和室は畳と障子というように和の要素が強いのでカーテンは適切ではないと考えられますが、色や柄、素材や形状においてかわいい和室カーテンは種類が豊富なので、コーディネートできます。
近年洋室の隣に和室がある住居が増加傾向にあり、仕切りがなく畳が占めるスペースが増えており、和の要素が強い障子では空間がまとまりにくくなります。
ですが、かわいい和室カーテンを用いることで洋室と和室を一つにまとめることができ、統一感が生まれます。
さらに障子ではできませんが、和室カーテンは季節によってもコーディネートできるので、時期やイベント、またはその時のシチュエーションによっても選んで付け替えることが可能です。
コーディネートをする時には洋室に使用するようなカーテンをそのまま使用するのではなく、機能性を十分に確認することも大切です。

かわいい和室カーテンの選び方のポイント

和室にある畳や建具、家具などは、竹や木などの自然素材を用いて作られています。
和の要素を強調したい場合には室内と合わせるようにベージュやブラウンなどの同色系、畳に合わせる場合にはグリーンやブルーなどのナチュラル系の色を選んで室内に統一感が出るように選ぶことです。
現在では和室の隣がリビングやキチンなど洋室と隣り合わせになっている住居が多いので、ホワイトやブラック、または濃いめの色のカーテンを配色するように選ぶとよいようです。
派手な色ではなく、日本が昔から使っている色を配色するようにかわいい和室カーテンを選ぶことで、部屋の相性がよくなります。
また和室にあるものはい草など、シンプルなものでできているものが多く使われています。
簡素化されているものを置くことで、穏やかで落ち着いた雰囲気を作り出すためです。
かわいい和室カーテンの素材も天然素材を使用している方が部屋に馴染みやすくなります。
加えて柄はかわいい花柄や植物柄、伝統的な文様や和柄が描かれている、または全く柄がない無地なカーテンを選ぶと落ち着いた雰囲気となり、部屋の相性もよくなります。

まとめ

和室に障子より、カーテンを選ぶ方が増えています。
カーテンにも和室の雰囲気を損なうことなく、使いやすいタイプが数多くあります。
かわいい和室カーテンを選ぶ時には色や柄、素材などの機能をよく見ることが大切ですが、取り付けることで和室の直線的で硬い印象が柔らかい雰囲気に変わります。
和室には障子以外は合わないと決めたりせず、和室が持っている風合いが、かわいい和室カーテンを引き立てることもあります。
そのためかわいい和室カーテンを取り入れることは、理想の部屋作りの方法と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。